岡本内科クリニック
札幌市中央区大通西7丁目
ダイヤビル3F


 

 LINK

 

 ご挨拶

 平成21年4月より院長に就任致しました。

 先代の院長が長年築き上げて来た医療を基盤とし、患者さんとの対話を大切にした上で、『皆様に信頼され、安心して頂ける優しい医療を提供し、何でも話してもらえる医師』でありたいと常に考えております。

 当クリニックでは、病気の知識や病状をわかりやすく説明し、一人一人の病状にあったきめ細かい治療を致します。また、必要に応じて迅速な専門医療受診を可能とする他の総合病院との医療連携システムも展開しております。

 糖尿病等の生活習慣病を改善させるためには、まず普段の生活について率直にお話して頂くことが大切です。検査データが正常でも『将来の合併症が不安だ。』や、『眠れない』等、いろいろな症状に悩まされている方もいらっしゃいます。
疾患の症状によりましては西洋薬のみでなく、漢方薬の使用により改善することもございます。

 お困りの事がございましたら気楽に何なりと御相談下さい。

生活習慣病は医師と患者さんが力を合わせて治していく病気です。

ぜひ、一緒に病気をコントロールし、皆様が健康で快適に過ごせる様にお手伝いをさせて頂きたいと思います。



   

院長プロフィール

岡本 敏哉(おかもと としや)

医学博士、日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本医師会認定産業医

略歴

平成8年  岩手医科大学卒

同年    北海道大学医学部第二内科入局

平成9年  滝川市立病院 内科勤務

平成10年 総合病院北見赤十字病院 内科勤務

平成11年 帯広厚生病院 内科勤務

平成12年 札幌社会保険総合病院 糖尿病内分泌内科勤務

平成14年 札幌鉄道病院 内科勤務

平成15年 北海道大学医学部第二内科、第二生化学講座研究生

平成17年 市立札幌病院 糖尿病内分泌内科 副医長

平成18年 北海道大学大学院医学研究科修了 (医学博士取得)

平成19年 国家公務員共済 斗南病院 内分泌代謝内科医長

平成21年4月 医療法人社団 岡本内科クリニック院長 


 
 

理事長プロフィール
岡本 正敏 (おかもと まさとし)
  

略歴

昭和47年1月17日開院

昭和30年3月 岐阜薬科大学卒業        (薬剤師免許取得)

昭和34年3月 北海道大学医学部卒業 

昭和35年3月 市立札幌病院にてインターン研修 (医師免許取得)

昭和39年3月 北海道大学大学院医学系卒業   (医学博士取得)

昭和40年4月 北海道大学医学部第二内科所属

昭和40年7月 フルブライト研究員として渡米

  1  ウスター研究所 テイト夫妻(高血圧の原因のひとつのアルドステロ
     ン発見者)のもとで研究

  2  カルフォルニア大学医学部 サンフランシスコ校 附属病院

     内科及び代謝学(ピター フォルシャム教授)のもと 
     糖尿病と内分泌の臨床と研究

昭和43年3月 帰国 北海道大学医学部第二内科所属

昭和43年10月  文部教官採用

昭和47年1月 岡本内科クリニック開業

昭和53年4月 現 北海道医療大学薬学部教授兼任 (65歳定年) 

その他 元北海道大学医学部非常勤講師兼任

現在 日本内科学会認定医 日本臨床内科学会専門医 

日本内分泌学会専門医 内分泌学会功労評議員

開業医としての心得

開業医としては 病人の悩みを聞くことに始まり 必要に応じて  

各専門病院並びに専門医を紹介する交通整理のような役目を果たして

きました この30年間ほどの間に 札幌医師会の医事紛争処理の役目を

して来ましたが 医師は常に患者さんの眼線に合わせて「インフォームド・

コンセント」の必要性を感じてきました 生涯現役のつもりで患者さんの

相談相手の診療を続けていきたいと思っております

趣味

俳句 北海道新聞俳句選者 俳誌「北の雲」同人 「ポプラ」特待同人 アマチュア無線